9ページより長いアニメの作り方

  • 9VAeきゅうべえは、9ページのアニメを組み合わせてアニメを作ります。
  • アニメを部品にするボタンが、右下のボタンです。上の箱にアニメを入れてからこのボタンを押すと、「アニメキャスト」とよぶ部品になります。
  • 9ページのアニメをひとつのアニメキャストにすれば、10ページめ以降を作ることができます。その方法を説明します。

1.ページを全部選んで記憶ツールの中に切り取る


  • 先頭ページの下の番号1(A)をクリック。メニューから「ページのしていここから」をクリック
  • 最後のページの下の番号(B)をクリック。メニューから「ページのしていここまで」をクリック。これで先頭のページから最後のページまでが選ばれました。
  • ページの下の番号(B)をクリック。メニューから「まとめてきりとる」をクリック。これで選んだページが、右側の箱の中に記憶されます。

2.記憶したページをアニメキャストにして入れる

  • 右下のボタンをクリック。アニメキャストの名前を入れる画面がひらきます。
    キーボードを使って好きな名前をいれてください。そのまま「OK」を押してもかまいません。
  • 「OK」ボタンを押せば、先に切り取ったアニメが「アニメキャスト」になってはいります。
  • プレイボタンをクリックしてください。きりとったアニメーションの最初の部分がすこし再生されたと思います。次のことを確認してください。
    • アニメキャストの中には切り取ったアニメが入っています。
    •  1ページの時間が1秒なら最初の1秒だけ再生します。
  • 1ページの上の時間「○○びょう」をクリックし、時間を長く設定すれば、アニメキャストの中のアニメが全部再生されます。

 

 3.ページの時間の設定

  • Ver.0.5.2 170314版から、アニメキャストの再生時間が簡単に設定できるようになりました。
  • アニメキャストが選択された状態で 、1ページの上の時間「○○びょう」をクリックすれば、一番下にアニメキャストの時間が表示されます。この項目をクリックすれば、9ページ分再生するのに必要な時間が設定されます。(もし項目が灰色で時間が表示されていなかった場合は、アニメキャストの中に「往復」ボタンなどがはいっており、一定の時間で終了しない場合です。)
  • 9VAeきゅうべえが作成できるアニメは、あくまで9ページですが、9ページをアニメキャストにまとめれば、1ページで9ページ分を表示できるので、残りのページで続きを作ることができます。

  4.アニメキャストの進んだ使い方

    • アニメキャストはアニメを部品化する仕組みです。いろんなアニメキャストを組み合わせてアニメを作ることを考えてみてください。例えば、鳥が羽ばたくアニメを作成し、アニメキャストにてページの中にいれ、次のページで移動させれば、鳥が羽ばたきながら移動するアニメを作ることができます。
     以下のようにすれば、アニメキャストの中を修正できます。
    • アニメキャストをクリックして選択します。
    • 中心の「+」をクリック。メニューから「アニメのなかをひらく」をクリック。これでアニメキャストの中のアニメがひらきます。
    • アニメキャストの時間は本体の時間とは独立しているため、自由にページの時間を調整できます。
    元のアニメに戻るには以下のように、ページの上の左端の太字「(new)など(A)」をクリック。メニューから「このアニメにもどる(B)」をクリックすれば元のアニメに戻ります。